ザ・オプションとハイローオーストラリア「9項目」で徹底比較【口コミも紹介】

Sさん|20代男性

ザ・オプション or ハイローどっちを選べば正解なんだろ?

Mさん|40代男性

バイナリーを始めたいのに、ザ・オプションとハイローオーストラリアの違いが分からなくて悩みます。

ザ・オプション or ハイローオーストラリアどっちを選べばいいの?問題。

バイナリーオプショントレーダーの9割が1度くらいはこの問題にぶち当たったのではないでしょうか?

業界ではハイローオーストラリアが1位、ザ・オプションは2位とランクづけされていますが、どうしてそのような結果になったのか気になりますよね。

そこで今回この記事では、ザ・オプションとハイローオーストラリアを9つの項目で徹底比較し検証していきます!

この記事を読むとわかること

  • ザ・オプションとハイローオーストラリアの違い
  • それぞれのメリット・デメリット
  • バイナリーオプショントレーダーたちの口コミ・評判
  • 結局ザ・オプションorハイローオーストラリアどちらが優れているのか
りょう

僕自身はハイローオーストラリアで3,900万円以上取引しているヘビーユーザーです。

バイナリーオプションの酸い甘いも知りつくした僕が、トレーダー目線でザ・オプションとハイローオーストラリアを徹底比較していきますので、バイナリーオプション初心者は五感全開で参考にしてください!

ハイローオーストラリアの解説はコチラ

ザ・オプションとハイローオーストラリアはバイナリーオプション業界の二代巨頭

ザ・オプションとハイローオーストラリアはバイナリーオプション業界の二代巨頭
ただのひよこ

名前は知ってるけど2つともよく分からん。

りょう

まずは2社の概要をさっくり解説するね!

海外バイナリーオプション二代巨頭。

ザ・オプション・ハイローオーストラリアの違いを、まずは表で確認していきましょう。

利用者数やペイアウト倍率などの『トレーダー目線での信頼』であればハイローオーストラリア一択。

もちろんザ・オプションにも長所があり『選ばれる理由』があります。

ザ・オプションの概要

ザ・オプションの概要

項目ザ・オプション
会社設立年2016年
安全性★★★★★
信頼性★★★★☆
ペイアウト率最大200%
ボーナス制度あり
最大取引額10万円
※総取引量1,000万円
以上で20万円解放
最低取引額1,000円
最低入金額■銀行振込・クレジットカード
=10,000円
■bitwallet
=5,000円
入金方法銀行入金
クレジットカード入金
ビットコイン
bitwallet
出金方法銀行送金
bitwallet
出金手数料初回無料
※その後は取引量に応じて無料
最低出金額5000円(利益分は3000円~)
約定力高い
ただのひよこ

ハイローより優れているところは?

りょう

安全性と約定力だね!

ハイローオーストラリアよりも総合的なペイアウト率が数%低いため利益率は劣りますが、ザ・オプションの方が約定力が高いため「ここだ!」というドンピシャなタイミングを攻めやすい傾向にあります。

バイナリーオプション業界で唯一「金融ライセンス」を取得しているところも評価ポイント。

ザ・オプションの解説はこちら

ハイローオーストラリアの概要

ハイローオーストラリアの概要

項目ハイローオーストラリア
会社設立年2010年
安全性★★★★★
信頼性★★★★★
ペイアウト率最大230%
ボーナス制度あり
最大取引額20万円
最低取引額1,000円
最低入金額5,000円
入金方法銀行入金
クレジットカード入金
ビットコイン
出金方法銀行送金
出金手数料無料
最低出金額1万円
約定力低い
ただのひよこ

ザオプションより優れているところは?

りょう

圧倒的ペイアウト率とスムーズな出金対応だね!

ハイローオーストラリアが業界1位として10年以上君臨している理由は「よくこれで運営できてるな」と驚くほど、トレーダーが稼ぎやすい環境になっていること。

ペイアウト◎×取引ボーナス◎×出金対応◎の3拍子がそろった取引所はほかにありません。

個人的な意見ですが…バイナリーオプション取引をするのにハイローを選ばないのは、ラーメン屋にいって麺抜きラーメンを頼むのと同じレベル。

ハイローオーストラリアの解説はこちら

ザ・オプションとハイローオーストラリア「9項目」で徹底比較

ザ・オプションとハイローオーストラリア「9項目」で徹底比較
りょう

ここからは感情ゼロにして「数字」で2社を比較します!

ただのひよこ

下の目次でいい感じに読みとばしてね。

ザ・オプションとハイローオーストラリアの比較を9項目で行います。

かなり長くなるので、まとめだけサラッと確認したい人は「ザ・オプションとハイローオーストラリアの比較:早見表」だけチェック。

9つの項目で徹底比較

ザ・オプションとハイローオーストラリアの大手2社を比較するとなると、やはりそれなりにボリュームが必要でした(泣)

ただまぁ安全に快適にバイナリーオプションを始めるには必須の知識となりますので、一緒にじっくり確認していきましょう。

比較①:安全性

安全性の比較

項目ザ・オプションハイローオーストラリア
設立年2016年2010年
資産管理分別管理信託保全
金融ライセンスあり
(エストニア金融監督庁)
なし
(過去にオーストラリアの金融ライセンス所持)
サポート対応日本人スタッフ
・電話
・メール
・チャット
日本人スタッフ
・メール
・チャット

運営実績で見れば2010年から日本シェア1位を維持しつづけている「ハイローオーストラリア」に軍配が上がりますが、大国オーストラリアの金融ライセンスを失効したのが減点ポイント。

とはいえ、ハイローオーストラリアは「信託保全」を採用しているため、トレーダーの安全性は非常に高いです。

信託保全とは?

お客さまからお預かりした証拠金や取引による損益、またスワップポイントなど、お客さまの資産と自社の資産を分別して信託銀行に信託し、管理することを指します。
これにより、万が一、証券会社やFX会社が破綻した場合にも、お客さまの資産は保全されることになります。

引用|SMBC日興証券

つまり、ハイローオーストラリアが倒産したとしてもトレーダーの資産は守られるということ。

安全性についての総評

  • ハイローオーストラリア
    →実績や信託保全により、トレーダー目線の安全性〇
  • ザオプション
    →金融ライセンスにより、世間的な信頼・安全性○

金融ライセンスを維持している実績は素晴らしいですが、僕らはトレーダー。

なのでトレーダー目線で安全性を確保されたほうが嬉しいですよね。

比較②:銘柄数

ページがクソ縦長になってしまうため、一覧リストは割愛します。

銘柄数を比較すると、ハイローオーストラリアは32銘柄、ザオプションで18銘柄となり、ハイローのほうが14種類銘柄が多いです。

ただのひよこ

取引銘柄多いほうが有利なの?

りょう

いや、関係ないね!

例えば僕自身の場合は4年以上バイナリーオプションの経験がありますが、取引銘柄は「USD/JPY」「GBP/JPY」「EUR/JPY」くらいしか使っていません。

短期取引なら「GBP/JPY」しか使わないほど。

どの取引銘柄を選ぶかは相性によって変わります。

ただのひよこ

相性ってなに?

りょう

取引銘柄によって勝ちやすかったり勝ちにくかったりするんよ。

各取引銘柄にはそれぞれ「値動きが安定」「値動きが激しい」などのクセがあるため、自分自身の感覚や取引手法によって相性があります。

なのでバイナリーオプションで失敗したくないなら、まずは取引銘柄の多いハイローオーストラリアのデモ取引で遊びながら練習しましょう。

それが一流への最短ルートです。

≫ハイローオーストラリアのデモ取引で遊ぶ

比較③:約定力

ザ・オプションと比較すると、ハイローオーストラリアの約定力は低い。←これはSNSでも同意見。

SNSの口コミ評判

ただのひよこ

どうしてハイローのほうが約定力低いの?

りょう

推測だけど会員数がダントツ多いからだね。

業界1位のハイローオーストラリアのほうが同時刻に取引しているトレーダーの人数が多いため、世界中のトレーダーのエントリーポイントが重なると回線速度によって「エントリーできない」場合があります。

そのため、寸分違わず理想のエントリーポイントで取引したいトレーダーにはザ・オプションが重宝されている感じです。

約定力についての総評

約定力はザ・オプションのほうが優秀。

とはいえ。ペイアウトはザ・オプションよりもハイローオーストラリアのほうが高いため「長期的に考えたらハイローのほうが稼ぎやすいやん」というのが個人的な感想。

比較④:取引方法

項目ザ・オプションハイローオーストラリア
取引銘柄HighLow:18銘柄
HighLowスプレッド/短期:16銘柄
短期スプレッド:15銘柄
HighLow/HighLowスプレッド:32銘柄
Turbo/Turboスプレッド:11銘柄
最高取引額基本10万円20万円
最低取引額1,000円1,000円
同値判定
(引きわけ)
短期取引は負け判定
ハイロー取引は引き分け
(返金対応)
負け判定

ザ・オプションでもっとも評価されているのは「同値判定」に「返金パターン」があること。

他業者では引きわけ=敗北となりますが、ザ・オプションなら「ハイロー取引限定」で返金対応される仕様になっています。

ただのひよこ

これ稼ぎやすさに影響あるの?

りょう

引きわけ負けがなくなるから、1%は勝率上がる!

HighLow取引(中長期取引)をするならザ・オプションのほうが1%リスクを減らすことができます。誤差ですが、この1%が投資結果を左右するためバカにすることはできません。

同値判定の口コミ評判

同値判定についての総評

引きわけ負けほどモヤモヤする敗北はない。
あまりのモヤモヤに、スマホ画面をヘッドバッドで叩き割りたくなるほどです。

そんな心理状態から救われた瞬間には「ザ・オプション神」と感じざるをえません。

とはいえ。ペイアウト率でハイローが圧勝している事実は揺るがない。

比較⑤:入金方法

項目ザ・オプションハイローオーストラリア
入金方法・銀行入金
・クレジットカード入金
・ビットコイン
・bitwallet
・銀行入金
・クレジットカード入金
・ビットコイン
最低入金額銀行送金:10,000円
bitwallet:5,000円
5,000円
入金手数料0円
※銀行手数料は含まない
0円
※銀行手数料は含まない

入金方法にそれほど差はありません。

ザ・オプションはbitwalletに対応していますが、bitwalletを利用している人なんてなかなか居ませんよね?僕自身も利用していません。

なので最低入金額が5,000円で統一されているハイローオーストラリアのほうが資金の少ない初心者にとっては入金のハードルが低く多少扱いやすいです。

比較⑥:出金方法

項目ザ・オプションハイローオーストラリア
出金方法・銀行送金
・bitwallet
・銀行送金
最低出金額5,000円
※利益分は3000円
10,000円
出金反映最短翌日振込最短翌日振込
出金手数料銀行振込:2000円
bitwallet:出金額の4%
(2021/12月まで無料)
無料

海外業社は出金できない!

なんて評判を見かけることはあります。

ですがザ・オプションとハイローオーストラリアに限っては心配無用。

ただ…強いていうならザ・オプションは出金手数料(2,000円)が気になるところ。

ハイローで出金してみた結果

ハイローオーストラリアの出金履歴

2日間連続で40万円越えの出金をしました。
ハイローオーストラリアでは問題なく資金を出金できたので安全と判断できます。

※ザ・オプションの場合は審査が必要。

出金対応についての総評

どちらも問題なく出金可能。

ただし、ザ・オプションの場合は「取引量に応じて出金手数料が無料になる」という制限つきのため、初心者にとっては若干ハードル高めに感じています。

海外からの送金なので手数料は仕方ないですが…にしても2,000円は高い。

比較⑦:使いやすさ

ザ・オプションとハイローを比較すると、正直使いやすさに大差ありません。

どちらも購入ボタンは「High」「Low」だしルールも一緒。だから使いやすさはぶっちゃけどうでもいいんです。

結局中身じゃなくて見た目がどうかって問題なんですよ。

カフェで取引したイメージ①
カフェで取引したイメージ②

「人間は中身」とか言ってる草食系男子が美女を求めるのと一緒。

やっぱりトレーダーとして活動するならカッコよくいたいじゃないですか。

ザ・オプションの白背景もかわいいけど、カフェで「あの人何者?」を注目されたいなら間違いなくハイローオーストラリア一択。

比較⑧:ペイアウト率

続いては、ザ・オプションとハイローオーストラリアのペイアウト率を比較しましょう。

ペイアウト率=トレード利益に直結するため非常に重要な項目です。

項目ザ・オプションハイローオーストラリア
HighLow182%~190%185%~195%
HighLowスプレッド200%200%
Turbo181%~196%185%~200%
Turboスプレッド200%200~230%

ザ・オプションのほうが圧倒的に劣っているという印象がありますが、こうして比較するとそこまで大きな差はないことがわかりますね。

とはいえ。やはり数%の差額でトレーダーの利益が数十万円変わってくるため「トレーダー目線で言えばハイローだよなぁ」というのが結論。

ペイアウトについての総評

双方比較してもそこまで極端な差はありません。

初回入金ボーナスがザ・オプションは7,000円、ハイローオーストラリアは5,000円なのを考えると、初心者トレーダーなら最初にどちらを選択しても間違いではないでしょう。

ただ、中長期的に考えるなら数%ペイアウト率の高いハイローオーストラリアのほうが圧倒的に利益は大きくなります。

比較⑨:キャンペーン内容

りょう

ザ・オプションのキャンペーンは圧倒的業界1位

ただのひよこ

キャンペーン目的のトレーダーも多いよね。

ザ・オプションとハイローオーストラリアのキャンペーン数を比較すると、圧倒的にザ・オプションが優秀です。

というかバイナリー業界でも圧倒的1位。

そのためメイン口座でハイローオーストラリアを利用し、サブ口座として特典をもらいながらザ・オプションで取引するトレーダーも多いです。

ハイローのキャンペーン一覧

  • 初回入金キャッシュバック(5,000円)
  • 取引額に応じてキャッシュバック(最大10万円)
  • 養分キャッシュバック(最大5万円)
  • 超養分キャッシュバック(最大10万円)
  • ハイロージャックポット(最大50万円)

ハイローオーストラリアのキャンペーン一覧はこちらで確認。

ハイローオーストラリアの特徴は報酬金額の幅広さ。最大で50万円特典がもらえるのはさすが業界1位といったところ。

たいしてザ・オプションは報酬金額が低いものの、キャンペーンが圧倒的に多く初心者向けという特徴があります。

ザ・オプションのキャンペーン一覧

  • 初回入金キャッシュバック(5,000円)
  • 口座ランクキャッシュバック(ポイントプログラム)
  • 期間限定ペイアウト率増量キャンペーン
  • 還元ボーナス(入金額に応じてキャッシュバック)
  • STAキャンペーン(取引しても資金が減らない)
  • bitwalletへの出金手数料が無料
ただのひよこ

資金減らないってどゆこと?

りょう

さすがに別次元だよね笑

STAキャンペーンの口コミ評判

このときは5万円以上入金で3万円分無料取引できたみたいですね。

こんなの利用するしかない笑

ザ・オプションは時折このような『異次元レベル』のキャンペーンを開催するため、とりあえず登録しておくと恩恵クソでかいです。

ザ・オプションの解説はこちら

ザ・オプションとハイローオーストラリアの比較:早見表

比較項目ザオプションハイローオーストラリア
①:安全性★★★★★★★★★★
②:約定力★★★★★★★★★☆
③:取引銘柄★★★★☆★★★★★
④:取引方法★★★★★★★★★★
⑤:入金方法★★★★★★★★★★
⑥:出金方法★★★★☆★★★★★
⑦:使いやすさ★★★★☆★★★★★
⑧:ペイアウト率★★★★☆★★★★★
⑨:キャンペーン内容★★★★★★★★★☆
総合評価41/45点43/45点

ザ・オプションとハイローオーストラリアを9項目で比較した結果は上記のとおり。それぞれに個性があり長所がありますが、総合力で業界1位のハイローオーストラリアがリードしている状態。

ザ・オプションとハイローオーストラリアの口コミ・評判比較

ザ・オプションとハイローオーストラリアの口コミ・評判比較
ただのひよこ

機能的なことはわかったけど、みんながどう考えているか知りたい。

こんな疑問を解決。

性能面での比較のつぎは「感情面」でザ・オプションとハイローオーストラリアを比較しましょう。

今回参考にした口コミサイト一覧

りょう

やっぱ大切なのはトレーダーの感想だよね。

ザ・オプションの口コミ・評判比較

まずはザ・オプションの口コミ評判をまとめます。

やはりキャンペーン数や同値判定への評価が高く、ペイアウト率や出金手数料への不満がありましたね。

ザ・オプションの悪い口コミ・評判

Sさん|30代女性

7,000円のキャッシュバックを活かして小資金からトレードできるのは有り難いですが、出金手数料をなんとかしてほしい。2,000円は高すぎます。

Aさん|20代男性

「ハイローよりも約定力が圧倒的に高い」という口コミを見て期待して始めましたが、ぶっちゃけそこまで差を感じられなくてガッカリした。

Rさん|30代男性

業界全体で考えたらザ・オプションのペイアウトは評価できるのですが、やはりハイローオーストラリアと比較すると見劣りしてしまいます。

ザ・オプションの良い口コミ・評判

Hさん|20代女性

「もうこれダメだぁ」と思ったときに同値判定で救われました!他業者では負けていた間違いなく負けていた取引だったので嬉しいです。

Sさん|40代男性

長年バイナリーオプションに取り組んでいますが、ザ・オプションのバリエーション豊富なキャンペーンには驚かされます。

Tさん|20代男性

全財産1万円しかなかったのですが、ザオプションの入金ボーナスのおかげでなんとか利益を出せています。まだ3万円の利益ですがここから頑張ります。

ハイローオーストラリアの口コミ・評判比較

つぎはハイローオーストラリアの口コミ評判をまとめます。

やはり10年以上日本1位をキープしているだけあり、悪評よりも高評価のほうが多かったですね。

ハイローオーストラリアの悪い口コミ・評判

Aさん|30代女性

いまのところ問題なく利用できていますが、やはり金融ライセンスを失効したことが気になります。本社を移したらしいのでまた再取得するのかな?

Sさん|20代女性

友達がギャンブルでやっても50%は勝てると言っていたのに、やってみたら3連敗しました。なんとなく取引しても勝てません。

Eさん|30代男性

会員数が増えたのか最近また約定力が弱くなった気がします。サーバーの更新をできるだけ早めにしてほしい。

ハイローオーストラリアの良い口コミ・評判

Sさん|30代女性

デモ取引で練習せずに始めたため、最初連敗して放置してしまったのですが、翌月キャッシュバックボーナスが届き無事復帰することができました。

Mさん|20代女性

未経験から始めましたが、13,000円を3ヶ月で197,500円まで増やすことができました。やはりペイアウト率こそ正義だと実感しています。

Bさん|40代女性

40代になった今でもハイローオーストラリアの取引画面を見るとワクワクします。やはり高級感のある取引画面は男心を刺激されますね。

Rさん|30代男性

バイナリーオプションといえばハイローオーストラリアといっても過言ではありません。有名なトレーダーが全員利用していることがその証拠かと。

ザ・オプションとハイローオーストラリアはどっちがいい?向いている人の特徴まとめ

ザ・オプションとハイローオーストラリアはどっちがいい?向いている人の特徴まとめ

ここまでに様々な方向からザ・オプションとハイローオーストラリアを比較してきましたが「情報量多すぎてムリ!」となりかねません。

そこでここからはザ・オプションとハイローオーストラリア。それぞれに向いている人の特徴をさっくり解説していきます。

ただのひよこ

それでも迷ったら?

りょう

ハイローオーストラリアを選べば確実。

ジョジョの奇妙な冒険第三部より

キャンペーン数のようにザ・オプションのほうが優秀なポイントもありますが、総合力では圧倒的にハイローオーストラリアがリードしています。

なのでもし迷うならハイローオーストラリアを選べば確実。しずかちゃんのお風呂をのぞいた瞬間、のび太がぶっとばされるのと同じくらい確実です。

ハイローオーストラリアの解説はこちら

ザ・オプションに向いている人の特徴

ザ・オプションが向いている人の特徴

  • 元手が少ない
  • 引きわけ負けをなくしたい
  • キャッシュバックを複数獲得したい

かんたんに言えば「資金の少ない初心者」にザ・オプションは向いています。

ハイローオーストラリアと比較すると、キャッシュバックの合計額は劣るものの「入金だけでもらえる」「取引金額が無料になる」など初心者トレーダーでも恩恵を獲得できるメリットがあります。

本格的にバイナリーオプションで利益を狙うのら少し物足りないですが、0から1を作るには最適な取引業者と言えるでしょう。

ザ・オプションの解説はこちら

ハイローオーストラリアに向いている人の特徴

ハイローオーストラリアが向いている人の特徴

  • とにかく稼ぎたい
  • カッコよく取引したい
  • 一流のマネから入りたい
  • 短期間で成果を出したい
  • みんなが使っている業者がいい
  • ペイアウト率の高い業者で取引したい
  • 養分ボーナスなどの保険がほしい

本格的に取引をして「しっかり稼いでいきたい」人にハイローオーストラリアは向いています。

ハイローオーストラリアはザ・オプションと比較すると、全体的にペイアウト倍率が高い特徴があり、出金手数料も無料なため余計なコストがかかりません。

キャッシュバックは高額ですが取引量に応じて還元されるため、ある程度真剣にトレードをしている人じゃないと恩恵は薄いです。

りょう

カッコつけたい人にもおすすめ!

カフェでの利用イメージ

とにかくデザイン性が良き。
ノートパソコン片手に、スタバでハイロー画面開くと『勝ち組感』がエグいです。

取引画面を開くだけで「デキる人感」が背中から溢れだすあの感覚は…経験者のみぞ知る世界。

ザ・オプションとハイロー「2社まとめて」利用するのが最効率

もし初期資金で2万円以上用意できるなら、ザ・オプションとハイローに1万円ずつ入金して、それぞれでキャッシュバックを受け取る方法が最効率。

ハイローだけだと5,000円だけですが、ザ・オプションも合わせればキャッシュバックだけで12,000円分取引チャンスが生まれます。

ただのひよこ

さすがにズルくない?

りょう

利用できるものは利用しないと勿体ない。

業者には悪いですが、ゼロからバイナリーオプションで成果を出すために利用できるものは利用すべきです。

両方登録してもかかる時間は数分。

数分で12,000円GETする or 12時間働いて12,000円給料を稼ぐ。どっちを選びますか?

ザ・オプションとハイローオーストラリア「9項目」で徹底比較:まとめ

ザ・オプションとハイローオーストラリアの比較に最後までお付き合いいただきありがとうございました!

最後にざっくりこの記事の内容をまとめます。

ザ・オプションの長所

  • 約定力が高い
  • キャンペーンが多い
  • 金融ライセンスを保有
  • 引きわけた場合投資金額が返金される

ハイローオーストラリアの長所

  • おしゃれ
  • 利用者数No.1
  • ペイアウト率No.1
  • 出金手数料が無料
  • キャッシュバックが高額
  • モテる。かもしれない。

若干私情が入りましたが…ザ・オプションとハイローオーストラリアを比較した結果、総合力では業界1位のハイローがリードしているものの、ザ・オプションにもトレーダーにとって有利なメリットがあることを確認できました。

どちらか1サイトしか選べないのなら、やはりトレーダーの9割が利用しているハイローオーストラリアを推奨します。

しかし選択は自由ですので、今回の記事を読んで自分で判断し、利用する取引業者を選択しましょう。

どちらも間違いではありません。

ハイローオーストラリアの解説はこちら

ザ・オプションの解説はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。