【国内・海外】バイナリーオプション徹底比較『9割が知らない』5つの違い

30代女性

バイナリーオプションは国内・海外で違いはあるの?比較して教えてほしい。

20代男性

国内派と海外派で意見が違いすぎるので、各項目でバイナリーオプションを比較してください。

大学生

国内バイナリーオプションで失敗したから海外取引所のメリット・デメリットを知りたい。

バイナリーオプションについてリサーチすると、さまざまな国内・海外取引所がバラバラにおすすめされているから「結局何が違うの?どれを選べばいいの?」と困惑しますよね。

ぼくも初心者時代は、ネット上に溢れる膨大な意見に放浪されて、取引所選びに何日間も迷い続けた経験があります。

最終的に選択した取引所は、海外バイナリーオプションの「ハイローオーストラリア」だったわけですが。それまでに国内・海外を何十時間比較したかわかりません…。

そこでこの記事では、ぼく自身がバイナリーオプション投資家として5年以上活動している実績や国内外さまざまな取引所を検証した体験・海外バイナリーオプションで400万円以上出金に成功した実績をもとに「9割が知らない国内・海外バイナリーオプションの違い」を徹底比較していきます!

バイナリーオプションで稼げない人にならないためにも、この記事を参考に取引所選びを成功させましょう!

僕自身の取引実績

バイナリーオプションの取引実績画像

ぼくが利用している取引所
▶︎クリック|ハイローオーストラリア公式サイトへ

上記画像のとおり!ただ取引所のデータだけを参考にしている「自称トレーダー」のブロガーとは別次元。

1ヶ月に100万円以上の利益を獲得した経験もある現役トレーダー目線で、これからバイナリーオプションを始める初心者さんでも理解できるように国内・海外取引所の違いを比較したのがこの記事です。

時間のない人向けに、結論を先にまとめるとこんな感じ。


この記事の結論

  • バイナリーオプションで稼ぎやすいのは国内ではなく海外
  • 隙間時間を有効活用できるのが海外取引所
  • 国内取引所は自主規制が強すぎて難しい
  • 安心感を得たい上級者なら国内取引所
  • 完全未経験の初心者なら海外取引所
  • 取引所をひとつ選ぶならハイローオーストラリア一択

人気の関連記事
▶︎【かんたん攻略】ハイローオーストラリアのやり方・始め方【3STEP】

▶︎【ハイローオーストラリアの評判】SNSでの口コミや使用感

▶︎ハイローオーストラリア7つの危険性

【国内・海外】バイナリーオプション徹底比較!9割が知らない5つの違い

【国内・海外】バイナリーオプション徹底比較!9割が知らない5つの違い

早速「国内・海外バイナリーオプションの違い」を徹底比較していきます!

両者とも提供しているサービス名称はバイナリーオプションですが、国内と海外ではその仕様がまるで違います。

国内バイナリーオプション=FXをややこしくしたもの。海外バイナリーオプション=初心者向けの元祖バイナリーといった感じです。

無料デモ取引などの体験版をプレイすると一瞬で理解できますが、操作画面も全然違うし「国内バイナリーオプション難しすぎ…」となること間違いなし。

▶︎無料体験デモ取引で遊んでみる

9割が知らない5つの違い

りょう

国内と海外のバイナリーオプションを比較すればするほど、その大きな違いに驚愕するはず。

ただのひよこ

ガチで国内バイナリーは稼げないです。

国内バイナリーオプションの評判

国内バイナリーオプションの評判①

急にダウ急落すんなや(一撃💴×8飛んだ)国内のバイナリー稼げないなぁ。

引用:@23yuki6
国内バイナリーオプションの評判②

国内の方がダメだよ 大学生にバイナリー持ちかける話関東でめちゃくちゃあるよ俺も一回話聞きに行っちゃったけど絶対やらない方がいいって思った

引用:@tb__da

バイナリーやるとしたら、ハイローしかないよ。
金持ちなら、国内業者でもいいけど、それならFXのほうが安定してるから、国内業者でやる意味ないし。

引用:5ch

評判にあるとおり、国内バイナリーオプションは資金が潤沢な金持ちむけ。これから小資金からバイナリーオプションで成功者を狙う人には向いていません。

比較①:税金の違い

バイナリーオプションでも国内取引所と海外取引所では税金の仕組みさえ大きく違います。

国内取引所は金持ち優遇。稼げるトレーダーほど有利な仕組みになっていて、海外取引所は稼げば稼ぐほど税金も大きくなる「総合課税」が適用されています。

ほんと日本の税金制度ってややこしい。専門用語とか面倒な言い回しをすることで国民に情報が伝わりにくいよう設計し、トップの富裕層に有利な制度を作り上げる能力はさすがです。

国内最大手楽天バイナリーオプションも、あえて初心者が稼ぎにくい仕組みを採用することで会員から楽天ポイントを回収しようとしているのが見え見えですし、国民の財産を浪費させることで国家上層部に資金を集める目論見もきっとあります。

では具体的にどれくらい国内・海外バイナリーオプションで税金面の違いがあるのかを表でまとめますね!

国内・海外税金の違い

取引所税金種類税率
国内申告分離課税20.315%
海外総合課税/雑所得0%~55%
稼ぐほど大きくなる
りょう

国内は金持ちしか稼げないけど税金は安い。海外は小資金でも稼げるけど稼ぐほど税金が高くなる。

ただのひよこ

国家の闇が見えますな。

比較②:判定時間の違い

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションでは、1日の取引上限や判定時間にも圧倒的な違いがあります。

国内バイナリーオプションは判定時間の制約が非常にシビア。忙しい会社員や学生、主婦では国内バイナリーオプションを攻略することはほぼ不可能でしょう。
実際僕自身も遊び半分でプレイしたことがありますが、取引可能回数の少なさや長すぎる判定時間にイライラしてしまい、まともに投資することができませんでした。

国内・海外バイナリーオプションの判定時間による違いは下記比較表を確認してください。

国内・海外判定時間の違い

取引所判定時間1日の取引上限
国内2時間〜3時間12回
海外30秒、60秒、1分、2分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、4時間、6時間、12時間、24時間無制限
りょう

海外バイナリーオプションの方が圧倒的にチャンスが多い!

ただのひよこ

判定時間も自由に選択できるから、自分に合わせた攻略法や戦略を活かすことができるよ〜。

国内バイナリーオプションは2時間〜3時間おきに1回しか取引ができないため、24時間起きていても12回しか取引チャンスがありません。時間のない一般層からしたら絶望的ですよね。

対して海外バイナリーオプションは、自分好みの判定時間を選択して好きなタイミングで取引できるため、すきま時間を有効活用して投資することができます。
攻略法に合わせて判定時間を短くしたり長くすることもできるため、自分が勝ちやすい環境にコントロールできることがメリットです。

判定時間を比較しただけでも「海外バイナリーオプションを選ぶしかない」と、なんとなくイメージできますよね。それくらい国内・海外取引所のルールは極端に違います。

▶︎海外最大手ハイローはこんな感じ

人気の関連記事
▶︎【かんたん攻略】ハイローオーストラリアのやり方・始め方【3STEP】

▶︎【予想外】ザオプションとハイローオーストラリアを『9項目』で比較した結果

比較③:ペイアウトの違い

ペイアウト(配当金)も国内と海外では雲泥の差があります。

海外バイナリーオプションは固定式を採用していて、予想が的中すると投資金額が約2倍になる仕組みです。対して国内バイナリーオプションは変動性。予想が的中してもチャート価格が大きく動かなければ利益も少なくなります。
この違いが「国内バイナリーオプションはFX」と言われる理由です。FXも価格の値幅が大きければ大きいほど儲かりますからね。

FXにバイナリーオプション要素を混ぜたせいで、国内取引所の操作画面は初心者では理解不能な複雑な表示方法になっています。

国内バイナリーオプションの操作画面

国内バイナリーオプションの操作画面
ただのひよこ

わけ分からん笑

そもそもルールがよく分からないし、ボタン多すぎて押し間違えしそうですよね笑

このような操作画面や仕組みの分かりにくさも国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの違いです。先駆けでサービスを開始している海外はとにかく分かりやすい!
小学2年生でもすぐに理解できるようなシステムだから、今日から投資を始める初心者でもすぐに攻略法の習得に時間を費やすことができます。
これが国内バイナリーオプションだと、まずは操作方法やルールから勉強しないといけないので、結構ダルいんですよね…。

しかも、やっとルールを覚えて挑戦したら「予想当たったのに利益ほぼゼロ」なんて世界が国内バイナリーオプションです。金持ちしか勝てん。

比較④:キャッシュバックの違い

海外バイナリーオプションでは、無料登録後も取引金額や取引状況によって多種多様なキャッシュバック特典がプレゼントされます。

対して国内バイナリーオプションにはそのような手厚いサービスは用意されていません。投資で負けたら負けたまま。救いの手は差し伸べられないんですよね。
僕自身、海外バイナリーオプションのキャッシュバックには本気で助けられました。まだ知識の浅かった初心者時代のとき。ハイローオーストラリアで数万円の損失を出してバイナリーオプションを諦めかけた瞬間がありましたが、その翌月にハイローオーストラリアから5,000円の救済ボーナスがプレゼントされ、それを元手に逆転できた体験もあります。

最大50万円のキャッシュバックもあるハイローのサポートは、国内取引所とは別格と言っても過言ではないでしょう。

海外バイナリーオプションの特典一例

取引所名特典一例
ザオプション・新規無料登録で7,000円
・取引金額に応じたボーナス
・入金方法に応じたボーナス
ハイローオーストラリア・新規無料登録で5,000円
・取引金額に応じたボーナス
・損失金額に応じたボーナス
りょう

キャッシュバックが豊富=軍資金が増えるってことだから、取引リスクも軽減できるよ!

ただのひよこ

軍資金が少ない初心者にとっては嬉しい制度だよね〜。

比較⑤:無料口座開設手順の違い

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションでは『口座開設にかかる手間』も圧倒的に違います。国内取引所の登録はガチでダルいです。

というのも、国内バイナリーオプションでは「知識確認テスト」を実施していているからですね。海外取引所はメルカリなどと同じで個人情報を入力していくだけなので3分あれば登録できます。しかし国内バイナリーオプションは知識確認テストに合格できるまで口座開設(無料登録)できません。
「投資未経験者お断り」と言っているようなものですよね。

知識確認テストでは「専門用語・投資手法・法律」などの投資知識を確認されます。心折れますよね…。

りょう

悪い意味で日本らしいルールだよな。

ただのひよこ

いまだに印鑑から離れられない国なんてそんなものよね。

こちらの記事もおすすめ
▶︎バイナリーオプションが【やめとけ】と言われる7つの理由|評判・口コミも紹介

▶︎【大学生聞け】バイナリーオプションを始めるべき5つの理由【注意点も紹介】

国内・海外5つの違いはバイナリーオプション規制によるもの

国内・海外5つの違いはバイナリーオプション規制によるもの

海外バイナリーオプションを国内独自の自主規制でアレンジしたものが国内バイナリーオプションです。

行政上の指導の元実施された規制のため、かなり事細かに規制範囲や内容が定められています。

海外バイナリーオプションとは違う、国内バイナリーオプションの自主規制内容は以下のとおりです。

国内業者の自主規制内容

●短時間のHIGH/LOWの禁止
通貨関連店頭バイナリーオプションの権利行使価格は、判定時刻の2時間以上前に決定します。原則として、取引期間(時間)中の権利行使価格は固定します。お客様の注文の都度、注文時のアットザマネーを権利行使価格とする取引の仕組みを利用することはできません。

●最低取引期間(時間)
お客様との取引開始から判定時刻までの期間(時間)は、当面の間、2時間以上とします。(注)お客様との取引自体は2時間以内においても可能です。

●判定時刻の間隔
原則として、判定時刻の間隔は2時間以上とします。1営業日に設定できる判定時刻の最大数は12回となります。

●いわゆる「総取り」の禁止
会員が、お客様の投資できない価格帯を設けることを禁止します。このため、取扱業者は、バイナリーオプション取引について、買付(ロング)だけでなく、売付(ショート)取引を取り扱うか、その他、業者側が総取りとならない仕組みをもって、バイナリーオプション取引を提供します。その他の仕組みの一例としては、同じ権利行使価格とするコールオプション(判定価格が権利行使価格より上のときにペイアウトを受け取る権利)とプットオプション(判定価格が権利行使価格より下のときにペイアウトを受け取る権利)の買付取引を同時にお客様に提供する方法があります。

●取引期間中の売買・ポジション解消
機会の提供取引の開始時点から判定時刻の直前まで、お客様がいつでも取引できるようにします。取引が成立し、お客様が保有するポジションについて、判定時刻の直前まで、ポジションの解消に応じます。(注)判定時刻前、取引可能な最終時刻については、業者が決定します。(注)ポジションの解消方法には、反対売買や解約など複数の方法があり、取扱業者により異なります。

●2WAY方式による価格提示
原則として、バイナリーオプションの取引価格は、FXと同様に、オファー価格(お客様の買付価格)とビット価格(お客様の売付け価格)を同時に提示します。ただし、コールオプションとプットオプションを用い、買付取引のみを取り扱う場合には、お客様のポジションを解消するための価格を常時提示します。(注)取引価格が随時更新されるため、FXと同様に、スリッページが発生することがあります。

●価格の表示および決定方法
あらかじめ定められた権利行使価格に基づき、オプション価格を表示し、お客様と取引します。取引期間開始後のオプション価格は、判定時刻までの間、原資産となる通貨ペアの価格変動やオプションの残り時間などを反映して変動します。なお、取引画面などにおいて、ペイアウト倍率(ペイアウト額をオプション価格で除した値)を中心に表示し、お客様と取引することは禁止されています。(注)お客様がペイアウト倍率を投資判断にご利用されること自体を制限するものではありません。

●高ペイアウト倍率設定の禁止
取引開始時点で著しく高いペイアウト倍率となる権利行使価格を設定することは禁止です。なお、取引期間中に、原資産である通貨ペアのレート(通貨レート)の変動によって、通貨レートと設定する権利行使価格とのかい離が著しく、お客様との円滑な取引に支障を来すと判断した場合には、権利行使価格を途中で追加することがあります。(注)権利行使価格の途中追加自体は、既にお客様が保有するポジションの価格に、直接、影響を与えるものではありません。

引用:金融先物取引業協会「商品性に関するルール」より

バイナリー国内は規制厳しくて旨味がないと思ってますです。

引用:@WorkoutMafia666

バイナリーオプションは、日本国内では、規制により人気が落ちていますが、逆に人気になっているのが規制対象外の海外のバイナリーです!

引用:@DIZ1060769

もちろん誰でも簡単にバイナリーオプションで勝てるわけではない。根拠を持ったトレードができなければ単なる博打。ん~~、まあバイナリーは結局博打だけど勝つ確率を上げる方法とタイミングがあるのは事実。ただし、5分以上だと運任せの度合いが増えるので規制のある国内は手を出さない。

引用:@DayTrader225

こうして評判も比較すると、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの違いは歴然。

2013年8月から実施された、このバイナリーオプション規制が適用されるのは「一般社団法人金融先物取引業協会」に加盟しているバイナリーオプション取引所限定。つまり、海外バイナリーオプションへの影響は一切なく、国内バイナリーオプション取引所にのみ適用されています。
その結果、国内バイナリーオプションを利用していたトレーダーは、規制の緩い海外取引所へ移行したわけですが…そこで行われた対策が「海外バイナリーオプションに対する金融庁の注意喚起」です。

これにより、健全な運営をしていたハイローオーストラリアなどの海外大手サイトも「危ない」と言われるようになりました。

\注意喚起についてはこちらでも解説/

国内バイナリーオプションのメリット・デメリット

国内バイナリーオプションのメリット・デメリット

ここからは国内バイナリーオプションのメリット・デメリットを順番に紹介します。

・操作性が悪い
・還元率が低い
・登録作業が多い
・取引方法が難しい

といった多くのデメリットを抱えている国内取引所ですが、海外バイナリーオプションとは異なるメリットがあることも事実。

海外と国内を比較した結果、まだ国内バイナリーオプションを始めようか迷っている人は参考にしてください!

\海外派は読みとばしてOK/

メリットは日本企業が運営している安心感

海外バイナリーオプションとは異なり取引方法はかなり制限が課せられていますが、それでも「日本企業が運営している安心感」は覆せません。

・日本の法律で運営されている
・信託保全制度により口座残高が保障される
・申告分離課税の採用によって税金面がお得になる

このような日本企業だからこその恩恵を受けられる点は、海外バイナリーオプションでは得られないメリットです。

ただのひよこ

知識テストがなくて、もう少し取引方法も自由ならね〜。

りょう

メリットはあるけど、間違いなく海外バイナリーオプションのほうが初心者向けだからな。

デメリットは投資初心者には難解な取引ルール

前半でも解説したとおり。国内・海外のバイナリーオプションを比較すると、圧倒的に違うのはトレーダーの取引環境です。

取引所利益取引時間投資金額
海外固定(約2倍)最短30秒
最長24時間
1,000円〜好きな金額で決められる
国内変動性(1.01倍〜)2時間〜3時間おきに1回50円〜取引所指定の金額に変動

国内バイナリーオプションは、海外バイナリーオプションよりも利益計算や投資金額の計算が複雑なため、攻略で最重要といえる『資金管理』がとにかく難しい。

りょう

ルールも複雑だし自由度も少ないから、正直投資初心者にとっての旨味はないかな…。

ただのひよこ

海外バイナリーオプションみたいに、せめて利益は固定にしてほしいよね。

海外バイナリーオプションのメリット・デメリット

海外バイナリーオプションのメリット・デメリット

続いて海外バイナリーオプションのメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

僕自身はゴリゴリに海外バイナリーオプションを推奨していますが、そんな僕目線でもデメリットがあることは事実です。

先ほど紹介した国内バイナリーオプションのメリット・デメリットと比較することで「自分はどちらの取引所を選ぶべきなのか」改めて考えてみてください。

メリットはシンプルな投資方法と即金性

海外バイナリーオプションのメリットは、なんといってもその操作性と即金制にあります。

操作性の良さを実感するために取引手順の動画を掲載しておくので参考にしてください↓

実際の取引手順

取引動画

このように海外バイナリーオプションは、チャートが判定時刻までに「上下どちらに動くか」を予測するだけのシンプルなルールになっています。

だから今日バイナリーオプションを始めた初心者でもすぐに実践できるんです。

しかも予想が的中すれば投資金額が約2倍になるため、連勝できれば脅威のスピードで口座残高が増加していきます。

りょう

最短30秒で投資額が2倍になるのはやばいよね!

デメリットは投資初心者を騙そうとする詐欺師が多い

海外バイナリーオプション最大のデメリットは、投資初心者を騙そうとする詐欺師や詐欺業者が国内バイナリーオプションよりも圧倒的に多いこと。

もちろん国内バイナリーオプションでも詐欺被害はありますが、海外はその比ではありません。特にインスタグラムでバイナリーオプションを紹介している女子には要注意。
DMや公式LINEで勧誘してくるアカウントは99.9%詐欺師です。甘い誘惑に誘われて正体を受けると、30万円以上する高額ツールを購入させられる場合もあります。

海外取引所は規制が緩い分、悪質なサイトが乱立しやすい特徴があります。そのような危険な取引所の被害に遭わないためにも、海外取引所はザオプションかハイローの2社に限定しましょう。

関連記事一覧
▶︎【予想外】ザオプションとハイローオーストラリアを『9項目』で比較した結果

▶︎【悪評あり】ザ・オプションの口コミ評判5選【メリット・デメリットも紹介】

国内よりも海外バイナリーオプションをおすすめする3つの理由

国内よりも海外バイナリーオプションをおすすめする3つの理由

ここからは「国内よりも海外バイナリーオプションがおすすめな理由」を紹介します。

ここまでに国内・海外両者の違いを比較してきましたが、最後に海外バイナリーオプションが国内よりも優れている理由をサラッとまとめていきますね。

海外バイナリーオプションをおすすめする理由

ただのひよこ

りょうはどの海外取引所を使ってるんだっけ?

りょう

ハイローオーストラリアとザオプションだね!

理由①:固定ペイアウトだから即金制が高い

判定時間や取引通貨により変動しますが、変動性の国内バイナリーオプションとは違い、海外バイナリーオプションでは約2倍のペイアウトを固定で受け取ることができます。

これにより、少額からでも爆発的に口座残高を増やせる可能性が生まれるわけです。

1万円スタートで6連勝した場合

投資回数投資金額払出し
1回目 10,000円20,000円
2回目20,000円40,000円
3回目40,000円80,000円
4回目80,000円160,000円
5回目160,000円320,000円
6回目320,000円640,000円
ただのひよこ

1万円から全額投資で6連勝すると64万円になるよ。

ペイアウトが変動性の国内では投資に成功したのに利益が出ないこともざらですが、固定ペイアウトの海外バイナリーオプションにはこのような爆発力があります。

今回紹介した例のような全額投資はさすがにリスクが大きいため推奨できませんが、確率的に100人中数人はこのような結果を手にすることも可能できます。

この即金制が国内バイナリーオプションよりも海外バイナリーオプションをおすすめする理由のひとつ目です。ただし短期的にバイナリーオプションで儲かりすぎたときほど注意しましょう。

理由②:最短30秒で取引結果が出るスピード感

数時間おきに1回しか取引できない国内バイナリーオプションとは違い、海外バイナリーオプションは最短30秒で何度でも取引することができます。

これにより自由時間の少ない人でもチャンスを逃さず投資をできるようになるだけでなく、短時間で口座残高を大きく増やすことも可能になります。
このスピード感はバイナリーオプションで脱サラしたい人にとっては非常に大きなメリットですよね。
国内バイナリーオプションは利益が少ない上に1回の取引で2時間以上必要になりますが、海外バイナリーオプションなら1日に100回以上取引することも
できます

取引回数が多くなるとそれだけ短期間で実戦経験を積むこともできるので、国内口座利用者よりトレーダーとしてのレベルアップも早くなります。

りょう

取引回数が増えると、バイナリーオプションをもっと楽しめるようになるよ!

人気の関連記事
▶︎【朗報】バイナリーオプションの可能性がエグい3つの理由【向いている人の特徴】

▶︎【人生終わった】バイナリーオプションで大損した5人の体験談+特徴7選

理由③:豊富なキャッシュバックによるサポート

国内にはない海外バイナリーオプションのメリットとしてこれは外せない。

僕自身バイナリーオプションを始めた頃は手取り16万円みたいな生活をしていたので、とにかくお金がなくて軍資金集めに苦労しました。
そんな僕でもバイナリーオプションで結果が出るまで頑張り続けられたのは、間違いなくキャッシュバックによるサポートのおかげです。
新規無料登録時にもらえる5,000円〜7,000円のボーナス。損失を出すともらえる救済ボーナス。取引金額に応じて増額されるポイントボーナス。
さまざまなキャッシュバックが用意されています。

バイナリーオプション初心者ほど海外バイナリーオプションの恩恵を大きく感じることができるでしょう。

【国内・海外】バイナリーオプション徹底比較!9割が知らない5つの違い:まとめ

ということで今回は、初心者投資家の9割が知らない「国内・海外バイナリーオプションの違い」や特徴を比較してきました。

こうして比較すると、名称は同じバイナリーオプションでも中身は『全くの別物』だと理解できるはずです。アイドルとひとことで言っても、山奥で活動する地元アイドルから、誰もが憧れる国民的アイドルまで幅広くいますよね。国内・海外のバイナリーオプションもそんな感じです。

国内バイナリーオプションを否定しまくって申し訳ないですが…5年以上トレーダーとして活動して、どん底から這いあがった実体験から言うとバイナリーオプションは海外一択。

今回のまとめ

まずは僕自身も利用しているハイローオーストラリアの無料デモ取引からチャレンジしてみましょう。

ハイローオーストラリアの無料デモ取引は登録不要。誰でもミニゲーム感覚でバイナリーオプションを無料体験できるサービスです。

いきなり本番環境で投資する勇気なんて9割の人は持てません。だからまずは無料体験版で遊びながら感覚を掴み「これならいけそうかも!」と思えたら本番環境に移行しましょう!

▶︎無料体験デモ取引で遊んでみる

国内・海外バイナリーオプションのQ&A

国内・海外バイナリーオプションのQ&A
海外と比較した結果、国内バイナリーオプションで取引を始めようと思うのですが注意すべきポイントはありますか?

国内バイナリーオプションでは海外バイナリーオプション以上に専門的な知識や分析スキルが求められます。攻略法だけでなく資金管理法やリスクヘッジの投資方法など、幅広い知識を身につけてから取引に臨みましょう。

海外バイナリーオプションは国内バイナリーオプションよりも危険って聞くけど本当に大丈夫なの?

海外取引所の方が国内取引所よりも危険なバイナリーオプション業者が多いことは事実です。しかしハイローオーストラリアやザオプションなどの安全な取引所だけを利用していれば悪質な取引所に遭遇することはありませんから、心配する必要はないかと思います。

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションのおすすめ取引所を1つずつ教えてください。

国内ならGMO証券。海外ならハイローオーストラリアを選べば間違いありません。

\話題のバイナリーオプションを無料体験/
『登録不要』でいますぐ試せる!バイナリーオプションの無料体験版で遊んでみよう(3万人が体験中)
【クリック】無料体験はコチラ